いらっしゃいませ♪
一つ一つ手作りの組紐工房 綾屋です
国産品質にこだわった正絹(シルク100%)で作った
和小物を アクセントとして取り入れてみませんか(^^)
どうぞ、ごゆるりとご覧くださいませ♪


皐月(さつき)になりました。
今年も去年に続いて
京都の葵祭 博多のどんたく 東京の神田祭は中止に・・・(´・ω・`)
浅草の三社祭は
今のところ 規模を縮小しての催行予定です。
競馬のお祭りダービーは
かろうじて開催予定ではありますが 無観客のG1レースが続いています。
花粉の時期は ほぼ終わりましたが
『マスク無し』で歩いている人は皆無です。
というか
『マスク有り』が普段の姿になりつつある 今日この頃。
・・・困ったものです(´・ω・`)

さて皐月の由来ですが
この時期は田植えをする事から『早苗月(さなへつき)』と呼ばれ
それが短くなり『さつき』と呼ばれるようになったのが有力です。
また
『さ』という言葉自体に 田植えの意味があるので
『さつき』=『田植えの月』になったという説や
もともと『五月』と書いて『さつき』と呼んでいたから
などの諸説もあります。
異名は『稲苗月(いななえづき)』『雨月(うげつ)』『五月雨月(さみだれづき)』
『橘月(たちばなづき)』『仲夏(ちゅうか)』などがあります。
旧暦では
4月〜6月は 夏の季節とされています(^^)

雑説では
『八十八夜(はちじゅうはちや)』(5/1)があり
茶摘み歌で皆さんもご存じだと思います。
そもそもこの『八十八夜』は
遅霜の被害を喚起する為に作られた
日本独自の雑説だそうで
『八十八夜の泣き霜』といわれるほど
泣いても泣ききれないような 甚大な被害を注意する意味も込められています。

二十四節気では
『立夏(りっか)』5月5日
『小満(しょうまん)』5月21日
があり
立夏は
夏の気配が感じられる頃を
小満は
万物が次第に成長し 一定の大きさに達して来る頃の事をいいます。
また
沖縄では丁度 小満の頃『梅雨』に入るためなのか
次節気の『芒種(ぼうしゅ)』と合わせて
『小満芒種(すーまんぼーすー)』という言葉が『梅雨』の意味で使われるそうです。

【お知らせ】
急ではありますが
令和3年6月30日をもちまして
『古今Style工房 綾屋』は 一旦終了致します。
糸の仕入れが思うようにできなくなったり
お品物作りに集中する時間が なかなか取れなかったりと
色々な要素が重なり
思うように活動できなくなったのが 大きな起因です。
現在では
創作品を販売するサイトも充実しているので
もしかしたら そちらでお逢いすることがあるかもしれません。

2006年より15年間
ご愛顧頂き 誠にありがとうございました。


【お願い】
※最近『問い合わせの返信が来ない。』とのお問い合わせが多く寄せられています。
モバイルでお問い合わせの場合
ドメイン設定などをご確認ください。
(PCメールを拒否されていると 届かない場合があります)


メルマガでは 先取り情報を公開!
お得な情報満載のメルマガ登録は
こちらからどうぞっ♪

このたびの東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに
被害に遭われました皆様に 心よりお見舞い申し上げます。




Recommend Item

おすすめ&売れ筋なお品物

Pick Up Item

ピックアップアイテム

Introduction

++綾屋とは++
手組みの組紐を中心とした現代版『組紐屋』ショップです。
着物の帯締めとしてだけではなく
日々のアクセントとして取り入れられる、新しいスタイルの組紐アレンジをデザインしていきます。




++営業日のご案内++
発送業務のお休みは 下記の通りです。
また休業日は インターネットでのご注文は受付けておりますが
在庫確認、発送、ご質問へのご返答などは翌営業日になります。
ご了承くださいませ。
++営業日のご案内++

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
++古今Style組紐工房 綾屋++
店主:あややん
必死(?)な日々徒然ブログです。
日常の彼是や お得な情報満載!!
どうぞ
ごゆるりとご覧くださいませませ♪
店長日記



Mobile Shop
QR